女性目線の支援活動を

知っていますか 熊本地震で自らも大きな打撃を受け、相次ぐ余震の恐怖に耐えながらも、 目の前の「困った」を解決するために、できることを始めた方がみえます。 だからこそ、事前の備えが必要です。 だからこそ、日常の繋がりが大切です。