TOP / 事業・活動 / 市民フォーラム版 NPO向けロジックモデル

市民フォーラム版 NPO向けロジックモデル


ページ説明分がはいります。

ロジックモデルとは

ロジックモデルは、組織のミッションを実現するための、最も有効な道程が描かれた見取り図です。

ロジックモデルは、主に以下の4つの使い方があります。 新しい事業をつくるための、考える道具になります。 助成金を申請するときの、説明ツールになります。 事業を実施するときの管理ツールとして使えます。 成果の達成度を見ながら業務の改善や見直しをする、評価の道具として使えます。

市民フォーラム版 NPO向けロジックモデル ワークシート

もっと詳しく知りたい方に:

『相手がうなずく「立案力!」 〜忙しいNPOのためのロジックモデル・ワークブック〜』
『NPOのNPOによるNPOのための策定マニュアル ロジックモデルをつくろう!』

市民フォーラム版 NPO向けロジックモデルを多くの方に活動していただくために、 基本ワークシート(エクセルファイル版またはPDFファイル版)をダウンロード配布しています。 ダウンロードに際しては、下の登録フォームから利用者登録をしてください。 使用後、ワークシートのさらなる改善のため、 ご記入いただいたワークシートとフィードバックシート(同梱)の 2種を返送していただけることを使用条件としています。

ワークシート ダウンロード配布

市民フォーラム版 NPO向けロジックモデルを多くの方に活動していただくために、 基本ワークシート(エクセルファイル版またはPDFファイル版)をダウンロード配布しています。
ダウンロードに際しては、下の登録フォームから利用者登録をしてください。 使用後、ワークシートのさらなる改善のため、 ご記入いただいたワークシートとフィードバックシート(同梱)の 2種を返送していただけることを使用条件としています。

ワークシート 利用者登録フォーム

ダウンロードの前に、利用者登録にご協力ください。 必要事項を入力後、[登録] ボタンを押すと、ダウンロード画面に移ります。 入力内容を取り消す場合は、[取消] ボタンを押してください。 *が表記されている項目は必ず入力してください。 利用者について 氏名* 所属* NPO・各種団体(役員、職員、ボランティア、会員 等) 助成関係者(助成金プログラム担当者、助成評価・審査委員 等) 政府・行政(職員、議員 等) 企業(CSR担当 等) その他 Eメールアドレス* その他 活用方法* 1 自団体の新しい活動の企画立案のために活用 2 助成金・企画コンペで活用 3 職員のスキルアップのために活用 4 自団体の活動評価において活用 5 その他 知ったきっかけ 1 当団体からの紹介 2 知人からの紹介 3 相談機関からの紹介 4 チラシ・パンフレット 5 新聞・雑誌の記事 6 当団体ウェブサイト 7 その他 使用後、記入済みワークシートとフィードバックシート(同梱)を返送することに同意します。

※ 当サイトの個人情報保護方針について

私たちがロジックモデルに着眼したわけ 〜4つの「できる!」〜

私たちは、研究を重ねる中、NPOがロジックモデルを使うことで「成果を生み出すために行動する集団」に成長できると考えました。

  • 1. ミッション実現につながる新しい活動を企画立案することができる!
  • 2. 助成金や企画コンペに申請するときに、効果的な説明ができる!
  • 3. 活動を実際に行うときに改善チェックと共有ができる!
  • 4. 自分たちの活動成果を自己評価し、説明することができる!

忙しいNPOの現場の皆さんが、自らロジックモデルをつくり、活用するために、 私たちが提案するのが「市民フォーラム版 NPO向けロジックモデル」です。

これまでのNPOの活動の問題点

私たちNPOは「新しい公共」の担い手として、自らを説明していく立場にあります。

  • 活動を行うことによって、どのような効果を具体的に生み出しているのか
  • NPOの個々の活動が、ミッションの実現とどう関係しているのか

外部資金の調達にて成立するNPOの活動で、助成金申請や企画コンペは、自分たちの提案に納得してもらう大切な機会です。

ところが、NPOの弱点として、次のような指摘が聞こえてきます。

  • 理念と活動の間に、論理の飛躍があるんじゃないか?
  • 主張が独善的に思えて、かえって説得力に欠けるんだよね
  • 効果の検証がぼんやり抽象的で、結局よくわからない
  • 周囲(資源提供者、地元自治体、地域住民など)にうまく提案や説得していくのが、不得手だよね

[×] 閉じる

  • ページ上部へ
  • トップページへ